今更聞けないビットコインあれこれ

仮想通貨と定期預金

そもそもビットコインとは

今更聞けないビットコインあれこれ 画像

最近流行の仮想通貨ですが、その代表格はなんといってもビットコインでしょう。このビットコインは、そもそもどんなものなのか紹介します。ビットコインは、2009年に登場した世界初の仮想通貨です。仮想通貨の中心的存在として利用されています。 日本円と同じようにものを買うのに使ったり、為替レートを利用してもうけるという投資対象として利用されたりします。

前者の通貨としての役割について具体的な流れを説明すると、

1.取引所で日本円や米ドルをビットコインに交換する

2.ウォレットと呼ばれるものにビットコインを移す

3.買い物に利用する、という流れになります。

ウォレットというのは文字通り財布のようなもので、アプリにビットコインを移しそれをQRコードによってやりとりするというのが大まかな流れです。日本ではビックカメラが対応しています。 後者の投資対象の役割については、ご存じの人も多いでしょう。現在では、1BTC=100万円前後(BTCというのはビットコインの単位で日本円における円と同じです。)で動いていますが、初期の頃は0.1円未満でした。10年ほどで1000万倍になってしまう価格の変動が投資対象としての仮想通貨の魅力といえます。

ビットコインのシステム

次は、ビットコインの仕組みについて簡単に説明します。ビットコインが注目を集めた理由は、その利便性だけなくビットコインを成り立たせている自立型の通貨システムにもあります。

ブロックチェーンという言葉自体はどこかで耳にしていると思いますが、これこそがビットコインの中核となっている分散型ネットワーク技術です。ブロックと呼ばれるデータの集まり(ビットコインでは、送金などの記録)を時系列ごとに作り、それを鎖のように連結させていきデータを保存します。また、この処理は一つのパソコンが行うのではなく、ネットワーク上のパソコン複数を使って行われています。ブロックチェーンは、仮想通貨だけではなく自動取引や取引記録の保存、投資信託などに応用されています。

この技術のメリットは、データ改ざんなどの不正に対する安全性が高いことです。ブロックチェーン上のデータは、前述のように時系列順に鎖状になって保存されています。そのためあるデータを改ざんしようとしても、その改ざんされたデータが前のブロックのデータと整合するようにその鎖ごと改ざんしなければなりません。ビットコインが勝手に複製されたりしていないのはこの技術のおかげというわけです。

ビットコインのメリット、デメリット

ビットコインにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか? メリットについてはまず、ブロックチェーンに裏付けされた安全性があります。またブロックチェーン技術によって送金手数料が低く抑えられるというメリットも生み出されています。仮想通貨は、銀行システムによった送金の管理が行われているわけではないため、銀行に手数料を払わなくてもいい、銀行の時間を気にせず素早い送金ができるというメリットがあります。素早い送金というのは特に海外への送金ということを考えると大きなメリットになります。投資対象としてのメリットは値段の変動幅の大きさです。一日あたりの変動幅は、ほかの投資商品と比べても大きく、少しの利益ならいつでも狙える状況にあるといえます。

デメリットは、まだ利用環境の整備が不十分だということです。利用者保護の観点でいうと、日本だと銀行預金の場合銀行が倒産しても1000万円までは補償されます。しかし、ビットコインはそのような補償はありません。また、取引環境でいうと日本においてはほとんどの店舗がビットコイン支払いに対応していません。いずれの点でも社会がビットコインに適合するにはまだ時間がかかりそうです。

↑ PAGE TOP